船橋の矯正歯科スマイルデンタルクリニック(千葉県船橋市東船橋)。小児予防矯正について。

東船橋のスマイルデンタルクリニック矯正歯科

診察時間 平日:9:00〜12:30、14:30〜18:00
診察時間 土曜:9:00〜12:30、14:30〜18:00
診察時間 ※木曜日、日曜日、祝日は休診

小児予防矯正

子供の時期(6〜12歳)に始めておけば、抜歯やワイヤー治療をせずに、きれいな歯並びを育てることができます。

お子様の症状が気になったらご相談のタイミングです。

  • 歯と歯のスキマがないけど永久歯はきちんと生える?
  • 永久歯が生えてきたが、歯並びがガタガタになってきた。
  • 歯並びが悪くて、きちんと歯磨きできていない部分が多い。
  • 女の子だし、このまま放っておいても大丈夫か、心配。

小児予防矯正のメリット

  • 夜だけ取り付けるので簡単
  • 健康な歯を抜かなくてすむ
  • 取り外しが出来るため歯磨きによる虫歯予防が容易
  • 痛みが少ない
  • 早期治療であれば費用が安い

予防矯正治療は一般的な矯正治療に比べて、比較的安価で始めることができるのも、メリットの一つです。
費用はお子様ごとの歯並びの程度や年齢によって、必要な装置の数や種類・期間は異なりますが、 おおよそ420,000円〜となります。
早期治療であればあるほど費用は安く済む傾向があるので、歯並びが気になるお子様は、なるべく早めの治療をおすすめします

小児予防矯正について

ふたつの治療時期

小児矯正は一般的に、あごの骨が急成長するため治療を避ける思春期性成長の前後で治療時期が分かれます。前者が「第一期治療」、後者が「第二期治療」です。

第一期治療の内容

第一期治療は、永久歯に生え変わるまでの期間になります。年齢でいうと、永久歯に生え変わり始める6才ごろから、全ての永久歯がそろう12才ごろまでです。この時期の治療は、拡大床やバイトプレートを使い、噛み合わせを調整したり、歯の土台となる部分を押し広げたりします。出っ歯や受け口といった骨格的な症状を、子どもの成長を利用して治療します。 

第二期治療の内容

第二期治療は、永久歯が生え揃ってからの期間です。ブラケットなどで歯並びの細かい治療を行います。あごの骨も成長を利用すれば、抜歯せずに矯正できる可能性も高くなります。

矯正治療は早い時期がいい

永久歯が生え揃う前の第一期治療から治療を行うのが最適です。永久歯が生えそろってしまうと、歯を動かすスペースを作るために治療時に抜歯が必要になることがあります。そのため、スペースを自然に作る準備のできる乳歯段階での治療開始をおすすめします。また、ある程度、顎の成長をコントロールすることができるので、上下の顎のバランスや、歯と顎の大きさのバランスを調整することもできるようになります。

矯正治療が早いときのメリット

子どもには虫歯や歯周病の治療跡はほとんどありません。銀歯といった修復物がない分、矯正装置がつけやすいのです。また、思春期に入ると見た目が気になるものです。おしゃれに敏感な女の子はその傾向が強いので、歯並びが気になり笑わなくなってしまうかもしれません。矯正治療で見た目を美しくすることで、心も体も明るい毎日を送ることができるようになります。

治療方法と期間について

入れ歯に似た取り外しのできる“拡大治療装置”を使い、顎を正しい大きさに拡大したり、歯を正しい位置に動かすことで、歯並びや噛み合わせを治していきます。
子供にも取り扱いができる装置になっています。
一般的には、治療開始時期が早ければ早いほど治療が早期に終了します。

装置の中にスクリューネジが装着されています。このネジを巻くことで、スクリューを移動させ、顎を拡げたり、歯を移動する仕組みです。

装置の使用時間

夜間就寝時に装着します。
※年齢と骨の硬さなどによりかわることがあります。使用時間は生活習慣を踏まえて決めていきます。

装置を使った治療期間

おおよそ2年ぐらいが一般的ですが、動かす歯の本数、動かす量、広げる量によりかわります。

治療の流れ

STEP1・無料矯正相談

矯正治療のご関心のある方へ、無料矯正相談を行っています。症状や悩みなどをお聞かせいただき、簡単なお口のチェックと、当院で行っている矯正治療についての説明を行います。

STEP2・精密検査・診断

レントゲン写真や口腔内写真などを用いて検査・診断を行い、治療計画を作成します。それをもとに、治療の流れや期間、費用、注意点についてきちんとご説明します。

STEP3・矯正治療の開始

ご同意いただいた上で、矯正治療を開始致します。
・矯正装置作成/型取り
・矯正装置セット
・機能訓練(MFT)(口腔筋の機能訓練等を行います)

STEP4・保定期間

動かした歯を戻らないようにするための装置「リテーナー」を使用して、歯の位置を固定して安定させます。

STEP5・定期観察(定期検診)

歯並びが安定した後も、定期的に観察すると共に、むし歯にならないよう定期検診を続けていきましょう。

予防矯正治療についてよくある質問Q&A

Q.ワイヤーを使った矯正もしますか?

治療の基本的な方針は、発育が不十分な顎を正しい大きさに拡大することですが、補助の治療としてワイヤーを使用することもあります。
装置による拡大の欠点は、顎や歯を一方向にしか移動できないことですが、ワイヤーを併用すること、歯を正しい位置に3次元的に移動できます。
早期に治療を開始すれば、歯並びの乱れは少なくなるので、ワイヤーを使用した治療を行う可能性は少なくなります。

Q.病気や体調の悪い時も装置を装着するのですか?

熱がったり病気の時は装置をはずしても大丈夫です。
もちろん、長期間、装置をつけていなかった場合には適合しなくなります。
その場合、適合するまで、装置のネジを巻き戻します。
長い期間外していて、まったく装置が合わなくなったら、装置の床部分を交換して再度治療を続けていきます。